半年大学のオンライン授業を受けた感想

随筆

ごきげんよう、なめくじです。私の通う某国立大学では、新型コロナウイルスの影響によって令和2年度の前期授業はオンライン講義で実施されることとなりました。前期開講される講義全てを受講し、テストもようやく一区切りとなりましたのでその感想について記しておこうと思います。

文責:なめくじ

通学しなくてもいいのが楽

ほとんどの大学がそうかとおもわれますが、現在キャンパスに立ち入ることは一部の人を除いて禁止されています。(Go toキャンペーンでは旅行に行ってもいいと言うくせに学費を払っている大学に来てはいけないというのは少し意味が分かりませんね。)ですから阿呆みたいな時間をかけて通学する必要がなくなったというのは非常にありがたいと思っています。ちなみに私は毎日カップ麺60個分の待ち時間に等しい時間を通学に費やしていました。今ではカップ麺60個分の空き時間を使っておうち時間を謳歌しています。

クソ講義が多い

失礼、お下品な言葉が出てしまいました。低質の講義が多いということです。具体的には、オンライン上にレジュメを貼り付けて、「勝手に勉強しやがれ」という乱暴な仕様であったり、もしくは音声付きパワーポイントを置いているだけ(そしてそれは往々にして中年教授のボソボソ声であるので何を言っているか判別不能)であったりします。これは明らかに講義の質が低下していると言わざるを得ませんが、大学側は「授業の質は下げないから授業料も下げません」の一点張り、貴方の目は節穴でございますか?

とはいえ面白い講義もあります

中には本当に講義の質を向上させようという教員もいらっしゃいます。このような場合はZoom、Microsoft Teamsを用いた対話型の講義が多いです。はじめの数回は学生教員の双方、使い勝手に苦戦することもありましたが、徐々に普通の講義と変わらず円滑に進行しました。さらに上記のソフトウェアを使うメリットとして、授業中に憚ることなく質問ができるというのが挙げられます。講堂で何十人、何百人と受けているような講義では、質問することによって授業の進行を妨げてしまうのでは無いか、周りの学生に迷惑がかけてしまうのではないかという、日本人特有の心理が働いて、なかなか手を挙げるというのは困難ですが、オンライン授業の場合はチャットで質問ができるのでその心配は不要です。実際2回ほど質問をしたことがありますが、リアルタイムで先生がお答えくださいました。便利です。このような講義は従来の講義と比べても遜色はないクオリティーであると感じました。

大学側の柔軟性が欠如

前項で従来の講義と遜色ないと述べました。私は実験や実習を含む講義でない限り、全ての講義は従来と同等以上のクオリティーに高められると考えていますが、これを阻害する要因に教員の柔軟性欠如が挙げられると思います。オンライン授業の大きなメリットとして、

  • 場所を問わない、
  • 日時を問わない(対面型の講義は日時を合わせる必要がある)
  • 教室のキャパシティーと無関係

が挙げられるでしょう。これらを最大限活用できたならば、クオリティーは一層高まるに違いありませんが、しかしながら一昔前の気分で講義を行う教員が跳梁跋扈しているというのが現状です。高校生気分で大学に来るなと講釈を垂れていた教員が、一昔前の気分で講義をしているだなんて滑稽極まりないですね。彼らの具体的な行動としては、講義の資料を閲覧するのに時間制限を設ける、受講人数に制限を設ける、同一時間に実施される講義は受けられないように制限する、などが挙げられるでしょう。資料は講義期間は公開しておいても教員の負担にはならないでしょうし、かえって制限を加えるという作業はわずらわしく、教員学生の双方が損をするばかり、受講人数についても、教員が成績評価をできる人数は限られているとしても閲覧できる人数は制限する意味はありませんし、単位は不要だが受講はしたいという需要を無視しています。私の大学の人気講義に天文学というのがあるのですが、例年抽選にあぶれて受講できないという学生がいます。そのような学生の知識欲に応えるものとオンライン授業はなり得ると思っています。

テストがカンニングし放題

最後に、つい数時間前に受けた考査の感想です。ほとんどの講義がレポート提出によって評定することとなりましたが、一部オンライン上でテストを行うものもありました。「いーあるふぁんくらぶ」が大好きという理由だけで受講した中国語の講義は後者で、さらに面白いことにカンニングOKということでした。まあ、カンニングするなといっても実効性は皆無ですものね。となると、こちらとしてもカンニングしない理由がありませんから、30分間存分に教科書からGoogle翻訳までを縦横無尽に盗み見て、おそらく満点であろうという答案を提出しました。しかしながら、これでは私のような比較的真面目に勉強するタイプの学生と遊びに遊んだ馬鹿学生との間に差異が生じないのではないかと思われ、ちょっぴり悲しくなった次第です。おわり。

私の推しのNewアルバムが発売されるそうなので宣伝しておきます。

米津玄師ニューアルバム「STRAYSHEEP」

筆者が3万回くらい聞いた「BOOTLEG」

コメント

タイトルとURLをコピーしました