2022-06

経済思想史概説

【経済思想史概説】アダム・スミスの経済思想、『国富論』について解説【6】

今日、経済学の父と呼ばれるアダム・スミス(1723-1790年)は、自身の父の姿を見ることなく、母の愛情を受けてカーコーディに育つ。14歳の時にグラスゴウ大学へと入学し、ここでスミスやデヴィッド・ヒュームらに先んじて高名であったスコットランド啓蒙の思想家、フランシス・ハチソンから学びを得る。
社会学用語概説

歴史貫通的、特殊歴史的の意味について解説【概説マルクス用語】

この記事では、「歴史貫通的」、「特殊歴史的」という言葉の意味について解説します。この二つの言葉は主にマルクス主義に関連する学術書で散見される言葉です。
社会学用語概説

「二重の意味で自由な労働者」とは何か【概説マルクス用語】

の記事では、マルクスの『資本論』に登場する「二重の意味で自由な労働者」とはどのような内容を示しているのかを解説します。「二重の意味で自由な労働者」は、カール・マルクス著す『資本論』第1巻の「本源的蓄積論」のなかで登場する言葉です。
社会学用語概説

『資本論』の本源的蓄積とは何か、ハーヴェイ・斎藤幸平による新しい解釈【概説マルクス用語】

この記事では、マルクスの『資本論』中に登場する本源的蓄積とは何かを、今日の最新の解釈まで含めて解説します。「本源的蓄積」とは、カール・マルクスが著した『資本論』第1巻の本源的蓄積論で登場する概念です。
社会学用語概説

マックス・ウェーバーの理念型とは何か【概説社会学用語】

この記事では、マックス・ウェーバーの「理念型」という社会学用語について概説します。「理念型」は、マックス・ウェーバーが著書のなかで実践することを通じて確立した、社会を捉えるための方法です。
雑学

この勉強方法、2ヶ月でTOEICスコア615点から850点までぶち上がったすこwww

なめニキです。先日のTOEIC L&Rテストの結果がまあまあ良かったので、調子に乗ってどのような勉強方法をしていたのかを簡潔にまとめたいと思います。2ヶ月でTOEIC235点上げた人の勉強方法、勉強時間はどれくらいか?おすすめの教材は?
経済思想史概説

【経済思想史概説】デヴィッド・ヒュームの経済思想、政治論集を解説【5】

スコットランドに生まれ、12歳のときエディンバラ大学に入学する。当時オックスフォードやケンブリッジに比して、スコットランドの諸大学は進歩的であり、このような環境でヒュームは学ぶ。卒業後は、法曹として自立する周囲からの期待に反して、哲学や文学の古典を渉猟し、『人間本性論』執筆の土壌をつくる。
経済思想史概説

【経済思想史概説】古典派経済学リカードウとマルサスの論戦【7】

この記事で分かること:リカードウとマルサスの経済思想、二人はどこで対立していたのか、リカードウの『経済学および課税の原理』とは何か、マルサスの『人口論』『経済学原理』とは何か、リカードウの「差額地代論」とは何か
読書生活の友

「鋭い批判」をするために必要な3つの要素

めいめいが学問の自由を謳歌する大学という場所では、じぶんが思ってもいなかった奇想天外なアイディアや、鼻につく何とも香ばしい考えを披瀝する人に出会います。そういう人に出会うと、何か一つ、じぶんも言ってやりたい気持ちになるものです。そこで、この短い記事では、誰かの考え、アイディア、思想に対して、「鋭い批判」をするための心得について解説します。
タイトルとURLをコピーしました