研究成果

研究成果

永田右京氏のフィードバックに応えて

ここでは、拙稿「公共交通の大分岐――持続可能な交通の構築に向けて」へ寄せられた永田右京氏のご意見に対して返答したい。
研究成果

公共交通の大分岐――持続可能な交通の構築に向けて

2008年、日本は未だかつて経験されなかった大分岐――人口減少に直面する。列島の歴史が始まって以来、戦争や疫病、自然災害による一時的な人口喪失はあっても、差し迫った危機があるわけではない、とりたてていうほどの暴力的な政策(たとえば一人っ子政策)にさらされたわけでもないが、自然的に人口増加が停滞し、ついには減少に転じたのは未曾有であった。
研究成果

モビリティと経済からみたアストロツーリズムの考察

人々が何を想って星を眺めるかは、いつの時代かによっていくぶん様相が異なっている。原初的には、それは農耕を営む人たちが、暦と同じ役割を果たす生産手段として見上げられた。あるときには、それはアカデミックな対象として関心が寄せられ、現代には当然の公理として持ち込まれるに至る成果を挙げるが、宗教的権力との衝突という悲劇的な歴史もある。そして、我々が暮らす今の社会では、労働に対比される余暇活動の時間に、楽しみの対象として、神秘的な、センチメンタルな、詩的な感情の源泉として、光り輝いている。
研究成果

現代人の個性をめぐる葛藤

現代に生きる日本人は、じぶんは一体何者であるのかを、絶えず自問し、何らかの答えを擬制的に見出せるときもあろうが、場合によっては個性的な何者かになろうと演じてみせたり、何者でもないじぶんに絶望を憶えたり、果てにはまだ見ぬじぶんを発見しにインドにまで行ったりする。
タイトルとURLをコピーしました