社会学用語概説

社会学用語概説

【概説】生産関係とは何なのか【マルクス主義用語】

カール・マルクス(1818〜1883)は、人間と動物を区別する人間の本質に労働を見出しました。人間が生きていくためには必ず生産を行わなければならず、その手段を生産手段、生産のために人間同士が取り結ぶ関係性を生産関係と呼びました。
社会学用語概説

【概説】機械的連帯・有機的連帯とは何か【社会学用語】

デュルケーム(1858〜1917)は近代社会とそれ以前の前産業社会を決定的に分つものとして、分業に着目しました。分業が盛んになる近代社会(つまり産業的な資本主義社会)について触れる前に、分業があまり行われていなかった前産業社会について考えてみましょう。
社会学用語概説

【概説】ゲマインシャフト、ゲゼルシャフトとは何か【社会学用語】

18世紀英国に端を発する産業革命より後、農村と、農村ではない都市の違いがよりはっきりとしたものになり、二つの社会をそれぞれ、ゲマインシャフトとゲゼルシャフトと名付けたのが社会学者のテンニースでした。本稿では、それぞれの社会のあり方とどのようなものであるのか、概説します。
社会学用語概説

【概説】マージナルマンとは何か【社会学用語】

本稿では、マージナルマンとはどういう存在かを概観します。社会学においてその言葉が使われるとき、それは「複数の文化にまたがるように、
社会学用語概説

【要約】エーリッヒ・フロムとは何者か

ユダヤ系、ドイツの哲学者で、のちのナチズムの目撃者となった経験から、最大の著書『自由からの逃走』を著します。ナチズムの魔風が吹き荒れる欧州を、他のフランクフルト学派のメンバーと脱出し、終戦後にドイツに戻るメンバーも多かったのですが、フロムはしばらくコロンビア大学などで教鞭を取ってから、晩年の6年をスイスで過ごしました。主著『自由からの逃走』革
社会学用語概説

【社会学用語概説】感情労働、バーンアウトについて

一般に社会が成熟するに従って産業は農業、水産業をはじめとする第一次産業からサービス業の第三次産業へと比重が推移していきます。日本ではいまや七割近くの人がサービス業に従事しています。これらの職業では職務遂行のために適切な感情状態、感情表現を作り出し、またそれを自分でかんりしなければなりません。旧来の肉体労働に比べて心を酷使され、心を売らなければならない、このような職業を感情労働といいます。
社会学用語概説

【社会学用語概説】自殺の4類型、アノミー、社会実在論について解説

社会学の黎明より盛んに行われた議論が、「社会は実在するのか、それとも人と人のつながりがあるだけでそれを社会と呼ぶに過ぎないのか」ということです。社会学の黎明より盛んに行われた議論が、「社会は実在するのか、それとも人と人のつながりがあるだけでそれを社会と呼ぶに過ぎないのか」ということです。
社会学用語概説

自動車と社会的ジレンマ

囚人のジレンマ、社会的ジレンマ、共有地の悲劇(コモンズの悲劇)について説明します。囚人のジレンマという言葉を聞いたことはありますか。共犯の容疑で囚人AとBは捕らえられた状況を想定してください。そして取調室で、「君が自白して相棒が黙秘をしたら3ヶ月で出してやろう、だが相棒は10年間収容されることになる。その逆の場合は
タイトルとURLをコピーしました