春琴抄

語彙

幾つ知っていますか?谷崎潤一郎『春琴抄』の美しい日本語【語彙集】

文豪谷崎潤一郎の『春琴抄』に使われる難読な、それでいて日本語の失われつつある情緒が感じられる語彙を集めてみました。
四畳半文豪大系

【多すぎるフェチ】文豪谷崎潤一郎の知られざる性癖と変態匂い立つ恋文【四畳半文豪大系第3話】

文豪の恋文とは実に興味深いものです。谷崎の場合を覗いてみましょう。小田原・細君譲渡事件の後、二人目の妻丁未子さんにはこのような手紙を送りました。「私の芸術は実はあなたの芸術であり、私の書くものはあなたの生命から流れ出たもので、私は単なる書記生に過ぎない。私はあなたとそういう結婚生活を営みたいのです。あなたの支配の下に立ちたいのです」
四畳半文豪大系

【スキャンダラス】ヤバすぎる谷崎潤一郎の事件と文豪交友【四畳半文豪大系第2話】

1921年(大正10年)谷崎35歳のとき、事件は起こりました。先ほど述べた通り、最初の婚約相手は千代さんでしたが、次第に谷崎は貞淑で従順な彼女との生活に飽きてしまいます。そんな中、気を引いたのが千代の妹さんの妹のせい子さんでした。
四畳半文豪大系

【官能の神】変態すぎる文豪谷崎潤一郎の生涯や作品について解説【四畳半文豪大系第1話】

本日は、谷崎潤一郎の知られざる生涯や、どうして文豪になれたのか、作品についての解説をしていきたいと思います。谷崎潤一郎は1886年、おおよそ伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任した頃、東京日本橋の商家に生を受けますが、その後祖父の事業は失敗し、次第に没落の一途を辿ります。
四畳半文豪大系

文学少年かく語りき、まえがき【四畳半文豪大系第0話】

次回から、日本文学史を体系的に学ぶ、四畳半文豪大系を連載していきたいと思います。文豪の裏話や常軌を逸した生き様など、教科書には載らないような逸話も紹介していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました