本源的蓄積

社会学用語概説

『資本論』の本源的蓄積とは何か、ハーヴェイ・斎藤幸平による新しい解釈【概説マルクス用語】

この記事では、マルクスの『資本論』中に登場する本源的蓄積とは何かを、今日の最新の解釈まで含めて解説します。「本源的蓄積」とは、カール・マルクスが著した『資本論』第1巻の本源的蓄積論で登場する概念です。
社会学用語概説

【マルクス用語概説】交換価値、使用価値とは何か

マルクス経済学の根本をなす、交換価値、使用価値はどのような概念なのでしょうか。この記事では、『資本論』を読み解くために両概念をわかりやすく簡潔に概説します。
社会学用語概説

【概説】生産関係とは何なのか【マルクス主義用語】

カール・マルクス(1818〜1883)は、人間と動物を区別する人間の本質に労働を見出しました。人間が生きていくためには必ず生産を行わなければならず、その手段を生産手段、生産のために人間同士が取り結ぶ関係性を生産関係と呼びました。
タイトルとURLをコピーしました